| 概要 |   | ビオトープ先頭 | ビオトープ最新 |             昌平幼稚園

 2005/03/17 No.11(14)

 「巣立つ日」


 年長児が巣立つ日を迎えました。子どもたちが自然とかかわりながら、さまざまな感動体験をした園庭とも、お別れです。まるで修了を祝うかのように、園庭の草花が芽吹き、クロッカスや水仙が園庭のあちらこちらで、かわいい花を咲かせています。
 修了式の「喜びの歌と言葉」の中では、毎日がんばった稲の世話や稲刈り、収穫祭の喜びなどの思い出が、たくさん語られました。修了児から在園児への言葉の中には「稲のお世話をよろしくお願いします」、また、在園児から修了児には「1年生になっても、幼稚園のお庭に遊びにきてください」とありました。園庭は、子どもたちにとって、大事な場所であり、園庭や稲作でのさまざまな経験が幼稚園での大切な思い出となっているようです。大人になっても、幼稚園のお庭のことを懐かしく思い出してくれることでしょう。


 「水田・湿地帯・池の循環水路が出来上がりました」

昌平小学校PTAの石山さんが、以前から水路の工事をしてくださっていました。
子どもたちは、石山さんが作業をしているところを見に行ったり、お話をしたりして、水路が完成するのを楽しみにしながら、石山さんに親しみの気持ちをもっていきました。
水路が完成したことで、水田の水がきれいになり、平成17度の稲作がより豊かな実りになっていくことでしょう。楽しみですね。


 「もう春ですね」

園庭に春がきています。
  
  大根の植わっていた畑から
  水仙が顔を出しています。

トライ&チャレンジで親子で植えた球根も
花が咲き始めています。