| 概要 |   | ビオトープ先頭 | ビオトープ最新 |             昌平幼稚園

 2005/09/01 No.16(19)

 「稲穂ができました!!」

夏休みの間に、稲も野菜も草花も、大きく生長し、園庭の様子が休み前と比べ、大分変わりました。



稲は8月の中頃に次々と出穂し、白いかわいい花を咲かせました。畑のトウモロコシも顔を出しました。収穫がとても楽しみです。


 「定点観測で稲の生長を記録中」






毎週火曜日の同じ時間帯に、同じ稲を写真に撮り、生長を記録しています。
後日、写真を貼り出しますので、よくご覧ください。

 「案山子さん、稲ちゃんを守ってね」

8月下旬、子どもたちが、昨年度の年長児から預かっていた案山子の"いねちゃん"を田んぼに設置しました。
夏休みの間に大きくなった稲に驚き、生長を喜ぶ子どもたちが、自分たちの育ててきた稲が、鳥に食べられないよう、案山子に願いをこめました。

 「稲の害虫駆除」

夏季休業中に東京農業短期大学講師の上地由朗先生をお招きし、稲作について学びました。また実際に園庭の水田やバケツの稲の様子を見ていただき、適切な世話の仕方や環境の改善などについてご指導をいただきました。
その後、事件が発生しました。イチモンジセセリというチョウの卵と幼虫(イネツトムシ)が大繁殖し、稲の葉が随分食べられていたのです。早速、上地先生に連絡をとると、わざわざ幼稚園に来てくださり、駆除の仕方を教えてくださいました。かわいいチョウの幼虫も、稲にとっては害虫なため、職員が総動員で駆除しました。

 「生き物がたくさん遊びに来ています」

夏は、庭のあちらこちらで、様々な生き物に出会います。池のオタマジャクシが親指大のカエルになって顔を出したり、クマバチがひまわりの蜜を吸いにやってきたりします。きれいな羽のイトトンボも田んぼを訪れます。いろいろな種類のチョウも遊びに来ます。
クスノキのそばでは蝉の抜け殻を見つけました。昌平幼稚園が新園舎になって初めての出来事です。7〜8年の間、地中でじっくりと育った蝉の幼虫が羽化することは感動的です。その瞬間は見られなかったのですが、これからは毎年、園庭の木々で蝉が見られるようになるのではないかと楽しみです。




 「ミミズコンポストを始めました」

ミミズを飼って、堆肥作りをしています。生ゴミ(ミミズにとっては餌)を入れ、それをミミズが食べると、その糞やおしっこが野菜などをつくる際の堆肥になります。虫が野菜を食べ、食べたものが土の栄養となり、その栄養をもらって新たな野菜が出来るという、自然が循環する仕組みを目で見て知っていくことは、子どもたちにとって貴重な体験となることと思います。
きりん組を中心に、ミミズの世話をする感覚で野菜くずを細かく切ったり、水をあげたりし、貴重な堆肥をつくります。ご家庭でも野菜くずが出ましたら、お子さまにお持たせくださいますよう、ご協力お願いいたします。


ミミズの好きな食べ物
調理中に出る野菜くず(合成洗剤・油が付いていない物)
ご飯粒   卵の殻   茶殻・コーヒーの出がらし
果物の皮や食べ残し(柑橘類は苦手で甘い物は大好き)


夏季休業中に研修を行い、様々な自然環境について学ぶ機会をもちました。今後は学んだことを生かしながら、より魅力的な園庭の環境造りに努め、子どもたちに、より豊かな体験ができるよう工夫していきます。

"稲作研修会"
講 師 : 東京農業短期大学講師  上地由朗先生
☆ 稲についての専門知識
☆ 稲作の方法・稲作にふさわしい環境
☆ 昌平幼稚園の環境を生かした水田造り

"動植物・ビオトープ実地研修"―山梨県 於―
講 師 : 自然写真家・ジャーナリスト  山口 進 先生
      聖徳大学短期大学部助教授  落合 進 先生
☆ 雑木林の植物・生き物
☆ 虫と植物との関係
☆ 稲作・水田について
☆ ビオトープについて
※山口先生から子どもたちへのお土産に、先生が作られた絵本をいただきました。
『アリ!?ずかん』 写真・・・山口 進  絵・・・すがわらけいこ (アリス館)

"ミミズコンポストで堆肥を作ろう!"―今戸児童館 於―
☆ ミミズコンポスト実践現場の見学
☆ コンポスト作りに必要な物・方法

"雨水利用について"―墨田環境ふれあい館 及び 文花子育て相談センター 於―
 指導者 : グループ・レインドロップス代表・雨水利用東京国際会議事務局長
村瀬 誠 先生
☆ 雨水利用って何?
☆ なぜ雨水利用が大切なのか
☆ 雨にかかわる絵本・楽器作り等について
☆ 子どもが携わる雨水利用
☆ 雨水利用実践現場の見学

※環境ふれあい館は、親子で楽しみながら環境について学ぶことができます。
雨にかかわる絵本だけを集めた素敵な青い図書室や、スリランカの大きな雨水タンクなどもあります。  <場所> 墨田区文花1−32−9(旧文花小学校)
           TEL 3611−6355
<交通> (東武亀戸線)小村井駅から徒歩7・8分