| 概要 |   | ビオトープ先頭 | ビオトープ最新 |             昌平幼稚園

 2005/11/30 No.19(22)

 「みんなでがんばった脱穀・もみすり!」

 11月2日(水)、天気は曇り空。幼稚園の子どもたち、保護者の皆様、そして5年生が集まって第一回目の脱穀ともみすりが園庭でにぎやかに行われました。昨年度と同様、脱穀はペットボトルと割り箸を使って、もみすりはすり鉢と野球ボールを使って行いました。ござの上に座布団を敷いて自分の場を作り、みんなで車座になり、楽しい雰囲気の中で行うことが出来ました。
 その後、収穫祭までの毎日、脱穀・もみすり作業は続きました。5年生も、昼休み毎に6〜8名くらいずつ来園し、短時間でしたが、もみすりと脱穀を全員が経験することが出来ました。
 5年生が手を添えて、幼稚園の子どもたちに優しく教えてくれたり、また、友達のお母さんに幼稚園児や5年生がやり方を教わったりすることもありました。また、焼き芋の集いで来園してくださったボランティアの方々と幼稚園児が会話を楽しみながら作業をした日もありました。脱穀・もみすり作業を通して、人と人との温かいふれ合いを様々な場面で見ることができました。


優しく手を添えて教えてくれる5年生

保護者の皆さんも車座になって作業に集中

 「昌平米の完成!!」

 全ての稲を脱穀・もみすりするのはとても大変でしたが、収穫祭の前日には、子どもたちと一緒に精米をすることが出来ました。今年は初めて、幼稚園の精米機で精米したため、真っ白い昌平米が出来てくる様子を、子どもたちと一緒に見ることが出来ました。
 「白くなってるー。」「色が違う!」「きれーい」「あったかーい」と、出来たてほやほやのお米をすくっては手の平にのせ、お米のぬかがとれて嬉しい気持ちを表現していました。

 「楽しい おいしい 収穫祭!」

 11月18日(金)、昌平幼稚園の第二回目の収穫祭が開園記念式の後に行われました。お世話になっている大塚会長様(幼稚園運営連絡委員)、神田児童館長高橋様、PTA会長竪山様をお客様にお招きし、第一部が始まりました。今年もかわいいミミ太君の登場で楽しく会が進められました。会に引き続き、御神輿が町に出発しました。大塚様のご発声で拍子木がなり、「わっしょいわっしょい」と、4・5歳児が元気に御神輿を担ぎ、地域を練り歩きました。3歳児は御神輿の周りで棒を叩きながら、元気にかけ声をかけて、4・5歳児の応援をしました。保護者の皆様も、幼児が安全に御神輿を担げるように、車を止めたり、御神輿の周りで声援をおくったりしてくれました。地域の方々も元気なかけ声に、仕事の手を休めて笑顔で見守ってくださいました。

「わっしょいわっしょい」神田の町を子どもたちの
元気な声が響き渡ります


「いつもお世話になっています」地域の方々に
感謝の気持ちをこめて、昌平米と花梨ジャムを
お届けしました

 そして、第二部の会食です。朝から保護者の方々がお手伝いしてくださり、調理が始まりました。5歳児もはりきって、自分たちの収穫したお米を、慣れない手つきで一生懸命とぎました。

<収穫祭メニュー>
おにぎり(昌平米) 豚汁(昌平大根と嬬恋ジャガイモ入り)
花梨ジャム(昌平花梨) ごま塩(昌平ごま) 昌平柿 パン おしんこ

 「いただきます」のかけ声で、みんなが一斉にご馳走を食べ始めました。子どもたちも、おうちの方々も、「おいしいね!」と、自分たちで育てた収穫物の味をかみしめていました。


「おいしそう。豚汁、早く食べたい!」

みんなで育てたお米。
一粒一粒がおいしいね!

 収穫できるまでに、いろいろな方々のお力添えがあったからこそ、楽しくおいしい収穫祭ができたのだと思います。皆様のたくさんのご協力ありがとうございました!!