| 概要 |   | ビオトープ先頭 | ビオトープ最新 |             昌平幼稚園

 2007/12/03 No.35(42)

 実りの秋  カリンと柿とゴマの収穫

今年は園庭のカリンの木には、とてもたくさんの大きなカリンの実がなりました。また柿の実もおいしそうに色づき、全園児総出で収穫を行いました。カリンの実はとても高い場所に実っており、事務の田辺さんがはしごに登り、下では年長児が虫取り網や、かごを持って、カリンの実を傷つけないように受け取りました。次から次へと収穫されるカリンの重みに驚いたり、「いいにおい。」とカリンの香りが良いことを喜ぶ姿があちこちで見られました。
またゴマの収穫では、ゴマがバラバラと落ちてしまい、担任と5歳児がとても苦労しながら収穫しました。しかも、収穫祭で、白いごはんにかけたゴマは大好評でした。

「こんな高い所に実があるよ」

「こんなにたくさんとれたよ〜!」

 収穫祭

11月22日には恒例の収穫祭が行われました。5歳児と5年生が力を合わせて、育ててきたお米を炊いておにぎりを作り、収穫して炒ったゴマをふりかけていただきました。
また、当日の朝に5歳児はニンジンを、4歳児は大根を収穫し、採れたての野菜を使ってお母様方がトン汁を作ってくださいました。



「お米はこうして手のひらを使ってとぎます」

「わ〜、ゴマがこぼれちゃうよ〜!」



自分達が大切に育てたお米です。一粒だって無駄にしないように大切に丁寧にといで、感謝しながらいただきます。

「こんなに立派なニンジンができたよ〜」

「きれいに洗ってよく泥を落とそうね」

自分達で植えて、世話をして、大切に育てたニンジンと大根の収穫です。自分達が育てた野菜なら、好き嫌いせずにおいしくいただけます。

「私の丸めたスイートポテトはどれかしら?」


楽しい会食の風景です。会食のメニューは、昌平産のお米のおにぎりと、炒りゴマ、トン汁、カリンジャム、柿、スイートポテトでした。スイートポテトは全園児が 自分たちで丸め、どのメニューも「おいしい」ととても喜んで食べていました。