| 概要 |   | ビオトープ先頭 | ビオトープ最新 |             昌平幼稚園

 2008/03/01 No.37(44)

 「田んぼ大作戦!」奮闘中

今年度豊かな実りをもたらしてくれた田んぼに感謝の気持ちと、来年度の「元気な稲ちゃんが育ちますように」という願いを込めて、地域の佐藤様にご指導をいただきながら、5歳児が「田んぼ大作戦!」として、田んぼの整備を行っています。学級の皆で、力を合わせながら、田んぼの土を掘り起こし、たらいに入れて運び出します。「今日は4杯、運んだね」と毎日運び出したたらいの数を表に描き込んできました。なんと、10人の子どもたちと担任とで運び出した土は、10日間で30杯分!


気持ちを合わせて、わらを縛る年長児
毎日継続して取り組む中で、「昨日、雨が降ったからシャベルがよく入るね」など天候による土の感触の違いに気付いたことを伝え合ったり、「田植えの時、足が抜けなくなっちゃったよね」「田んぼの中に水の道(水路)を○くんが作ったんだよね、いいアイデアだったよね」「おにぎり、おいしかったなぁー」など、皆で力を合わせて取りくんだことが思い出され、より深く子どもたちの心に刻まれたことが実感されました。この共働的体験を通して互いに認め合う温かな人間関係や豊かな学びが培われてきたことを再度、子どもたちの姿から確認できました。5歳児が、来年度の稲作のために取り組んでいるかかしの出来上がりも間近です。 これらの5歳児の取り組む姿から、4歳児は'今度は自分たちが稲作を引き継いでいく番だ'と意欲満々です。

 霜柱や氷で遊ぶの楽しいね

今年の冬はとても冷え込みの厳しい日が続き、霜柱が立ったり、氷の張る日がたくさんありました。氷や霜柱を見つけたことや感触の冷たさに驚いたり、喜んだりしていた子どもたちも、繰り返しかかわる中でいろいろな遊びを見つけていきました。きれいな白い雪探し、霜柱の長さ比べ、氷や霜柱を使ってごちそう作りができました。
氷発見クイズ
園庭の池や水たまりで、友達が見つけた氷を、形・厚さ・水草など一緒に凍っている物をヒントに探し出す、「この氷はどこで見つけたでしょうクイズ」がはじまりました。

「お花の上にある雪は白くてきれいだね」
自分が遊んで知っていることをもとに、推測したり、見比べたりして、園庭を探し、見つけた時には大喜びをする姿が見られました。繰り返し遊ぶ中で、なぜだろうと考えたり、特徴を捉えている様子が伺われました。なかなか味わえない冬ならではの貴重な経験が子どもたちの豊かな学びにつながっています。


「この氷はどこで見つけたでしょう」クイズ

<ヒント>
氷が厚くて、水草が入っている、この丸いカーブの形がポイント


<答 え>  トンボ池
このカーブは池の中に入っているスイレンのプランターの角のカーブ

全国学校ビオトープ・コンクール2007表彰
【財】日本生態系協会主催の全国学校ビオトープ・コンクール2007において「幼稚園・保育所部門 銀賞」を2月10日受賞いたしました。受賞式にはPTA会長・園長・副園長・教員をはじめ、竪山前PTA会長、竹山前副園長に参集いただきました。保護者・地域の皆様方のご理解・ご協力のおかげでいただけたことに感謝しつつ、次年度に向けての計画を発展的に考えております。