| 概要 |   | ビオトープ先頭 | ビオトープ最新 |             昌平幼稚園

 2008/04/08 No.39(46)
前きりん組の「たんぼ大作戦」に引き続き「園庭大作戦!」と称して、園庭の改革を春休み中に行いました。3月の保護者会の折に、保護者の方々に講演をしてくださった森の体験ミュージアム代表のア野隆一郎様のお力もお借りしました。
例年、川越まで芋堀遠足に出かけていましたが、園庭にさつま芋畑を新たに造ろうということにしました。それを聞いた崎野さんがその趣旨に賛同してくださり、芋畑用にと土や腐葉土を3トントラックにたくさん積んで栃木県の茂木から3時間もかけて運んできてくださったのです。畑のしきりにと丸太も持ってきてくださいました。
更に昌平幼稚園が土を再生させていることに対してとてもよいことだと認めてくださり、わざわざ森の体験ミュージアムの職人さんを同行してくださり、竹で土の再生工場を造り直してくださいました。
少しでも芋畑を日当たりの良い位置にした方がよいという園庭ボランティア講師の山田さんのご指導も在り、土の再生工場は芋畑の端のほうに移動させました。
早速、花がらやとった草は再生工場に入れて活用しております。


「しいたけ栽培」を始めました。天狗の小道は若干日陰気味です。この小道をわくわくしながら通っていくとかわいい「しいたけちゃん」に出会えます。

♪生きてる生きてる きのこは生きてる♪

さくらもきれいに咲きました

 幼稚園のお庭は春で一杯!

今年度も幼児が豊かな自然の中で様々な体験をし、自然を愛する心を育んでいけるようにしていきたいと考えています。

4歳児が3歳児の時に植えたチューリップ




保護者の皆様方におきましては園庭の環境作りにいつもご協力いただきましてありがとうございます。
今年度は毎月1回植物専門家の山田さんに講師をしていただき、ガーデニングクラブを充実させていく方向です。幼稚園の園庭で自然を楽しみながら、ガーデニングのいろはを学んでみませんか。



5歳児が、4歳児の時に植えたスイセン



卵を産んで一休みしていたカエル君
子どもたちに逢える始業式を楽しみにしているようです
今年度も地域の皆様、保護者の皆様のご協力をいただきながら園庭の自然環境を整え、このビオトープだより「どろんこだいすき」を通して子どもたちが様々な生き物や草花と出会い、喜びや発見、感動している姿をお伝えしていきます。保護者の皆様も園庭に足を運び、子どもたちと感動を一緒に味わっていただきたいと思います。
たくさんのご参加をお待ちしております。