| 概要 |   | ビオトープ先頭 | ビオトープ最新 |             昌平幼稚園

 2008/11/28 No.46(53)

 ≪収獲の秋 ≫
  ♪やきいも、やきいも  あちちのちっ!!

11月12日に、ダイヤさわやかネットの皆さんと一緒に園庭で焼き芋をしました。
遠足で焚き木にする枝を集めてきたり、お芋をアルミホイルに包んだりして、期待を膨らませながら準備をしました。燃え盛る炎や煙を体感しながら美味しい焼き芋を食べました。

みんなで育てて、一生懸命掘ったお芋だよ


「すっごく おいしい〜!!」

「わー、顔が熱くなってきた」「煙が目にしみるー」


焼き芋を焼いてくださったさわやかネットの皆様方
焼き芋が焼けると、待ってましたとばかりにアツアツのお芋をほおばる子どもたち。
自分たちでお芋畑を作り、自分たちで苗を植え、自分たちで育ててきたお芋は、豊かな食生活の中にあっても、何よりのご馳走だったようです。
電気街の真ん中で自然体験とは無縁な地域ですが、たくさんの方々に支えられながら、芋掘りや焚火などの豊かな原体験を積み重ねています。恵まれた環境の中で、子どもたちは身も心もすくすくと育っています。

 大成功に終わった収穫祭

11月19日、20日の二日間にわたり、収穫祭が行われました。収穫祭まで間に、きりん組が中心となって、脱穀籾すりをしてきました。園庭で収穫できた昌平米はなんと9合になりました。お米を地域指導者の山田さん、佐藤さんのお力を借りながら、飯ごうを使い炊きあげました。きりん組が収穫し、乾煎りして作ったゴマ塩をつけたおにぎりのおいしかったこと・・・
また4歳児が育てて収穫した大根とねぎも使い、トン汁に入れてもらったり、お庭で採れたトウモロコシで、ポップコーンも作りました。またデザートの柿は、山田さんの肥料のお蔭により、なんと139個も収穫することができました。
どの料理もとてもおいしく、このときばかりは野菜が苦手な子どもも、トン汁の野菜のおいしさを味わっていました。

自分たちで育てた大根を先生と一緒に切る4歳児


感謝の気持ちで、御神輿を担いで練り歩きます

「ポップコーンがふくらんできたよ!」(5歳児)


楽しい会食「幼稚園の野菜はおいしいね!」

20日には保護者の皆様がホテルのシェフの方々とパエリアや幼稚園のお芋を使った蒸しパン、じゃがいものポタージュスープ作りに挑戦しました。家庭ではなかなか味わえない、ホテルのお料理の味をシェフの皆様方と一緒に味わいました。

特大鍋での調理は子どもたちもびっくり!!
大喜びでした

真剣な表情で、シェフからお料理を教えて
いただいている保護者の皆さん