| 概要 |   | ビオトープ先頭 | 一覧メニュー | ビオトープ最新 |       昌平幼稚園

 2011/01/11 No.68(75)
12月の下旬頃から急激に寒くなりましたが、園庭の花や野菜は寒さに負けず冷たい土の中から少しずつ芽を出し、春の訪れを待っているようです。
今年も、みんなの庭で自然に触れ、いろいろな発見があることを楽しみにしています。

 かりんジャムができました

昨年に引き続き、園庭にあるかりんの木からたくさんの実ができ、地域ボランティアの小川様と藤田様に手伝っていただき作りました。出来上がったジャムは消毒したビンに詰め、そのまま熱湯に入れて真空にしました。そして、完成したかりんジャムはいつもお世話になっている地域の方々に配りました。子どもたちもクラッカーにジャムをつけて食べました。「甘酸っぱい」と言いながら喜んで食べていました。




 びわの木に花が咲きました


昨年もみずみずしくおいしいびわができました。あっという間に実がなっていたところから白い花が咲き始めました。
今年もおいしいびわがたくさん採れることを楽しみにしている子どもたちです。

 春の訪れを待つ花や野菜です

さつまいもを掘り終わったあとの畑に、小松菜と油菜、大根を植えました。一列にきれいに並びながら小さい芽が顔を出してきています。


うさぎ組やきりん組が当番活動で毎日水やりをしています。冷たい土の中からゆっくりと芽を出し始めました。少しずつ伸び、おいしい野菜が収穫できることを子どもたちと一緒に楽しみにしています。