| 概要 |   | ビオトープ先頭 | 一覧メニュー | ビオトープ最新 |       昌平幼稚園

 2011/09/30 No.76(83)
今年の夏は暑い日が続きましたが、9月の下旬から急に涼しくなり秋らしくなってきました。秋は「食欲の秋」とも言われ、たくさんの美味しい野菜や果物が実る季節でもあります。子どもたちと一緒に園庭の自然の変化にも気付けるようにしていきたいと思います。

 稲ちゃんが大きくなりました

台風の影響で、稲が横に倒れかかってしまうことを防ぐために、ビニールシートで囲ったり、鳥に食べられないよう網を張ったりしました。また、昨年の年長児が卒園記念で作ったかかしを今年の年長児がみんなで力を合わせて運び、田んぼに立てました。今年は10月14日に地域の佐藤さんにも手伝っていただき、稲刈りをします。みんなで稲を刈り、干して、脱穀、籾摺りをし、収穫祭の時におにぎりにして食べるのを楽しみにしている子どもたちです。



鳥に食べられないよう網をつけました。




大事に稲を守ってくれています。



お米がたくさんなっているといいな!!

 たくさんの種が取れました

夏に咲いていた植物が咲き終わり、枯れて種になりました。どんな形をしているか、色はどうなっているか話をしながら子どもたちと一緒に剥いてみました。また来年取れた種を植えたいですね。

ヒマワリの種


朝顔の種

風船かずらの種


黒ゴマもできました

 園庭の実も色づき始めました


柿は昨年より少し多く、7個ほど黄緑色になって
大きくなってきました。

ざくろは毎年、この時期になると薄いピンク色、中が真っ赤になると食べごろ。甘酸っぱく美味しいので食べるのが今から楽しみです。

 収穫するのが楽しみです


サツマイモ

サトイモ