| 概要 |   | ビオトープ先頭 | 一覧メニュー | ビオトープ最新 |       昌平幼稚園

 2012/04/09 No.82(89)

 春らしくなってきました

今年は寒い日が続き、桜の花ものんびり暖かくなるのを待っているようでした。日ざしがさして少し暖かくなると、つぼみがふくらみ、いろいろな花が咲き始めました。今年度も、四季の移り変わりを感じながら、子供たちが自然の中で様々な体験をし、豊かな心を育んでいけるようにしていきたいと考えています。


新うさぎ組がひよこ組の時に植えたチューリップ。本当にお花が笑っているようです。

新きりん組がうさぎ組の時に植えたスイセン。にぎやかにおしゃべりしているようです。

今年の桜はゆっくりゆっくり咲き始めたので、春休み中にいろいろな姿を見せていました。ちょっぴり芽がふくらみ始めると、次の日にはポッと咲き、少しずつ花が増えてきました。しばらくの間、お花見が楽しめそうですね。

 変身!!オタマジャクシ

黒い小さな卵が、ニョロニョロおしりを振りながら泳ぐオタマジャクシに変身しました。
まだオタマジャクシとオタマジャクシがくっつきながら動いていますが、これから暖かくなるにつれて、池の中を元気に泳ぎ回るのが楽しみです。

 畑の野菜 元気いっぱい♪


←スナップエンドウがぐんぐん伸びてきました。少しずつお花のつぼみも見えてきました。5月になると、お豆ちゃんに変身します。




大根の畑をのぞいてみると・・・
ギザギザの葉っぱの中から、白い物がニョキ!!大根が土から顔を出していました。
寒い冬を越えて実った大根は、きっと栄養たっぷりでしょうね。