| 概要 |   | ビオトープ先頭 | 一覧メニュー | ビオトープ最新 |       昌平幼稚園

 2012/07/02 No.85(92)

 ジャガイモを収穫しました

3月に種芋を植えたジャガイモ。芽が出て、茎や葉っぱが大きく育ち、5月の終わり頃からかわいいジャガイモが顔を出すようになりました。そっと土をかぶせて、大きなジャガイモになるまでじっと待ち…6月14日にきりん組がジャガイモ掘りをしました。
土の近くの茎をしっかりと持ち、引っ張ってみると・・・いろいろな大きさのジャガイモが出てきました。土の中に残っているジャガイモも、宝探しのように探しました。
そして、今年のジャガイモは・・・大きなものから小さなものも入れて、160個!!このジャガイモを使って、きりん組ときりん組の保護者でカレーを作り、みんなでカレーパーティーをしました。


抜けた〜!!
↓ジャガイモがたくさんついているね。

なかなか抜けないなあ・・・
↓よし!もっと力を入れよう。

猫の手にして切ります。        160個            おいしいカレーができました。

 あたらしい命が生まれています♪パート2


先月号では、アゲハチョウの卵が青虫になったところまでをお知らせしました。その後の生長の様子を子供たちと見守っていきたかったので、飼育ケースに入れて育ててきました。
そして・・・さなぎになり、じっとしていたのですが、ある朝、登園してきた子供たちが「あっ、チョウチョになっている!!!」と発見。アゲハチョウは羽が乾くまで飼育ケースで過ごし、その後、羽ばたいていきました。
時々、園庭に遊びに来てくれています。

少し大きくなると…
幼稚園で生まれたカエルは、その後も、園庭に住み、いろいろなところで顔を出してくれます。少し大きくなったカエルは、土の中やプランターの中が大好きで、眠ったりお散歩したりしているようです。

カエルになりました♪
梅雨に入り、雨の合間に池をのぞきに行くと、オタマジャクシに足と手がはえ、すっかりカエルになっていました。小さな水草の上でお休み中。ひよこ組の子供たちも小さなカエルを見つけては、「カエルがいたよ〜」と友達や教師に知らせています。

 サツマイモやサトイモはたくましい?!


サツマイモの苗も根づき、少しずつつるが伸びてきました。サツマイモは乾燥に強いので、水やりが必要ないそうです。これから暑くなり心配ですが、もし葉が枯れてもまた自分で芽を出して大きくなるそうです。そんな環境の中でも育つサツマイモだからこそ、甘くておいしくなるのでしょうね。



ここは、園庭の端にある腐葉土置き場です。ここに植えたわけではありませんが、サトイモの芽がでて、すっかり大きくなっています。