| 概要 |   | ビオトープ先頭 | 一覧メニュー | ビオトープ最新 |       昌平幼稚園

 2013/04/09 No.93(100)

 祝 ビオトープだより 100号

2004年2月から始めたビオトープだより。今回、100号を迎えました!!
子供たちに自然とのかかわりを大切にしてほしいという願いを込めて、子供たちと教職員だけでなく、地域や保護者の方々に協力していただきながら、昌平幼稚園のビオトープ作りを行ってきました。そして、ビオトープだよりでは、園庭の移り変わりの様子をお伝えしてきました。ビオトープだより1号を見ると、木々もまだ低く、田んぼや畑も作り途中でした。稲作は今年10年目を迎えます。これからも、子供たちの自然とのかかわりを大切にしながら、季節の移り変わりを楽しんでいきたいと思います。

9年前の池です。
今の池があるところは、砂場でした。池を作るために、砂場の砂を子供たちが運んでいる様子です。なかなか砂は減りませんでしたが、みんなでがんばって取り組むことで、出来上がった時の喜びや「自分たちで
作った」という気持ちを得られたそうです。

池の隣には、田んぼがあります。
5月の田植えに向けて、土づくりをします。
   池には、オタマジャクシがいっぱい!!
   子供たちはオタマジャクシすくいを楽しんで
   います。すくった後は、池に返します。

 今年も桜がきれいに咲きました


お花もたくさん咲いています。
チューリップやヒヤシンス、水仙。イチゴの花も咲き始めました。

今年の桜は少し早目の開花でした。3月の修了式の頃には5分咲きで修了児をお祝いし、春休みには満開、あっという間に葉桜になりました。
この時期の新緑もまた美しく、晴れた日に園庭に出ると、緑がとてもまぶしく感じます。






 しいたけの菌を植え付けました

3月中旬、地域協力者の山田様に、シイタケの作り方を教えていただきました。幼稚園のどんぐり(クヌギ)の木を剪定し、切った木に穴をあけ、金づちでトントンとシイタケ菌を植え付けました。子供たちは、シイタケの菌を初めて見て「へー、これがシイタケになるの?」と、とても不思議そうでした。そして、菌を植え付けた木を大きなビニール袋に入れ、湿気のある状態を保ちながら、シイタケが出てくるのを待ちます。うまくいけば、秋には昌平産のシイタケが収穫できるかもしれません。楽しみです。