| 概要 |   | ビオトープ先頭 | 一覧メニュー | ビオトープ最新 |       昌平幼稚園

 2015/03/02 No.114(121)
2月上旬は寒い日が続き、霜柱が見られる日がありました。早朝には池に氷が張ったこともありました。
まだまだ寒い日もありますが、少しずつ暖かい日も増えてきて春が近づいているように感じます。昌平幼稚園の園庭でも小さな春が見つけられるようになりました。子供たちが大切に育てている花も、進級した頃に咲いているでしょうか。とても楽しみです。



先日のお別れ遠足で、新宿御苑を探検して見つけたクリスマスローズが園庭にも咲いています。子供たちは「どうしてクリスマスローズって名前なんだろう」「12月のクリスマスには咲いてないのにね」と不思議そうに話していました。→

←2月上旬の寒い日には、畑に霜柱が見られました。子供たちは、「キラキラしてて綺麗だね〜」と話しながら、霜柱を拾って集めたり砂場でのおままごとの飾り付けに使ったりして遊んでいました。霜柱を踏むとシャリシャリとした音がして、楽しいですね。


うさぎ組が保育室で育てているヒヤシンスも花を咲かせました。根が長く伸びていく様子を見たり、毎日花の匂いを嗅いで喜んでいます。

去年の11月にみんなで植えた球根が寒さに負けず顔を出しています。子供たちも今か今かと咲くのを楽しみにしています。
今年度も昌平幼稚園の教育活動に、ご理解・ご協力いただきましてありがとうございました。4月からもどうぞよろしくお願いいたします。