| 概要 | 行事案内 | 要覧 | クラス紹介 | ビオトープ | 園評価 |      昌平幼稚園

* 平成17年度幼稚園評価の結果 *



本園では、地域の方々、保護者のみなさん、幼児全員に対して幼稚園評価をお願いしています。
平成17年度に実施した評価の結果は下記の通りです。
アンケート実施期間:平成17年12月17日〜24日


「地域の方々」による評価     <集計結果と考察(PDFファイル)>

○どの項目もA回答の割合が多く、ほとんどの方が昌平幼稚園の教育内容について理解し、
 好意的に見てくださっている。少しずつではあるが地域の中に、幼稚園の教育内容が
 浸透しつつある。地域の中の幼稚園として機能していかれるよう、更なる教育内容の
 充実と共に、内容や成果の伝達方法の工夫し、地域へ幼稚園が出向いて行くことなど、
 幼稚園と地域の方との双方向での連携をしていかれるよう次年度に向けて考えていき
 たい。
 ・ビオトープ便りを玄関前の掲示板に掲示し、自由に見ていただけるようにした。
 ・園庭側フェンスに掲示板を作成し、稲作などの取組みを写真やコメントなどで掲示し、
  特色ある教育活動を発信する。
 ・地域の方の声を聞きとるポストを設置する。
○安全面への関心は高く施設・設備面の充実が評価されている。今後は地域・保護者とも
 連携しながら、安全対策を講じ、計画的な訓練も充実させていく。
○稲作が2年目となり、地域の方々も稲の生長を楽しみに、子どもたちや教職員に声を
 かけていただくことが多く自然な交流の中で親しみの気持ちをはぐくんでいくことが
 できた。また、地域の高齢者グループの方々とは年間を通じた交流を行うことができ、
 互いに親しみの気持ちが深まった。これらの活動は、幼児が地域の様々な方々と触れ
 合える機会となると共に、地域の方の力を保育の中で生かす機会となった。次年度も
 交流を深めながら教育内容を高めていかれるよう、行事を精選し計画する中で、
 効果的に実施していく。


「保護者」による評価     <集計結果と考察(PDFファイル)>

〇稲作については親子での豊かな共有体験となっていることが高く評価されている。
 毎月『ビオトープ便り』が発信できたこともあり、全員の保護者から理解や協力が得ら
 れている。また保護者自身が稲作に参加・協力したことは、豊かな体験となった、との
 評価を得ることができた。来年度も親子での共有体験が充実していくよう、参加方法を
 工夫しながら進めていく。
〇個人情報・安全面での環境的配慮等においては高い評価を得ている。今後も教職員・
 保護者・地域との連携を密に図りながら安心して幼稚園生活を送ることのできる環境
 作りや安全教育に力を注ぐ。
〇教師の幼児理解や指導については概ね信頼や理解を得ているが、今後も教員同士が
 学級の枠をとり払い、一人一人の幼児について多面的理解を図る。また毎週行う
 打ち合せの際には、担任同士が互いの保育環境を見合い、発達に応じた教材等に
 ついて協議する時間を設け、保育の質を向上させる。
〇保育参加の行事についてはそれぞれの家庭事情を考慮し、無理なく自由に参加できる
 参加の在り方を工夫する必要がある。参加方法や伝達の仕方については、各行事に
 おける目的に応じ、見直し検討をした上で改善する。


「幼児」による評価     <集計結果と考察(PDFファイル)>

○昨年度同様、どの幼児も幼稚園は楽しい、友達といるのは楽しいと思っていることが
 分かる。また、困ったことがあった時、どの幼児も教師に話をすることが出来ると答え
 ている。しかし、年齢が高くなるにつれ、自分のことは自分で解決しようという気持ち
 がもてるようになってきている。そのため、すぐには教師に話さず、違った解決法をと
 る幼児もいる。教師は、一人一人の育ちを受け止め、個々の発達に合わせた援助をして
 いきたい。また、今後も、幼児との信頼関係を築く努力をし、安心して幼稚園生活を楽
 しめる環境を保障していきたい。

○自然に関する質問、稲作に関する質問において、幼児から、たくさんの言葉を聞くこと
 が出来た。幼児が幼稚園の庭や稲に寄せる思いの深さが表れている。中でも、中心に
 なって稲作を行ってきた年長児の、稲への思いが強く、自分たちがいなくなってからの
 稲を心配し、年下の幼児に世話を引き継いでほしいと願っていることが分かる。また、
 年中・年少児は、年長児が作業する姿を見て、憧れの思いを抱き、自分たちが行える
 ようになる日を楽しみにしている。昌平幼稚園の稲作が、子どもたちの中にしっかり
 根付き伝承されてきている。また、保護者と一緒に稲作を行えたことも幼児の心に残り、
 楽しかった活動として心に残っている。
 今後も、3年間を通して、それぞれの発達に合わせた稲作体験、自然体験ができるよ
 うな環境を整え、適切な援助をしていくことで、子どもたちに自然を愛する豊かな心を
 培っていきたい。